So-net無料ブログ作成

平成5年 自動改札機導入前の南海・汐見橋駅 [鉄道大好き~平成編]

平成5年9月11日のことだった。

南海電車の車輌の塗装が伝統ある南海カラーから変わりつつあることが気になったので、久しぶりに汐見橋駅を中心としたフォト散歩に出かけた。

19930911南海汐見橋458-1.jpg

都会のエアースポットのような南海電鉄・汐見橋駅

駅構内はガランとして人影も少ない。利用者の多くは近くの難波駅を使うため、現在では都心のローカル線の始発駅といった存在だが、じっくり観察するととても面白い路線である。

19930911南海汐見橋459-1.jpg


R0027191-1.jpg

歴史を訪ねると、明治37年の鉄道地図に早くも「高野鉄道」の起点として登場している。(明治33年9月3日開業時の駅名は「道頓堀駅」)

因みに、同線の「阿倍野駅」は、大正14年に本線と統合し、「岸ノ里駅」と名称変更された。

続きはコチラ http://fuzzyphoto.blog120.fc2.com/blog-entry-1610.html

 


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 2

yutakami

ファジーさん、ご無沙汰をしています。
ソネットblogでの再会をお喜び申し上げます。

by yutakami (2013-04-19 22:03) 

ファジー

いろいろありましたが、また再開いたしました。
ご高覧いただき感謝致します。
by ファジー (2013-04-19 23:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。